HOMEリフォームのポイント > キッチンリフォーム
キッチンリフォーム

キッチンリフォームのポイント



リフォームを計画される際に、まずはキッチンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
キッチンリフォームでご相談が多いのは「もっと動きやすくしたい」や「収納を増やしたい」といった、作業効率や収納力を重視したご要望です。
作業効率や収納力を増やすことも大事ですが、コミュニケーションの場としての機能も考えながらキッチンのリフォームをしてみませんか?

キッチンリフォームのプランニング時に特に重要になってくるのは、キッチンのレイアウト。
レイアウトによってコミュニケーションの仕方が変わってきますので、特に考えなければいけないポイントです。また、ご自宅の間取りや作業効率、収納にも大きく関わってきます。
しかし、一口に“レイアウト”と言っても様々なバリエーションがあります。 代表的なもので

Ⅰ型レイアウト
Ⅱ列型レイアウト
L型レイアウト
アイランド型レイアウト

などが挙げられます。
それぞれに長所と短所があるため、ご自身のライフスタイルと照らし合わせながら順に見ていきましょう。


Ⅰ型レイアウト シンク・コンロ・冷蔵庫を一列に並べた、キッチンレイアウトの基本型

キッチンレイアウトの基本ともいえる、シンク・コンロ・冷蔵庫を一列に並べたレイアウトです。
調理中の動きが左右の直線でシンプルなため、コンパクトなキッチン向けとなっています。
幅が長すぎると動きが増えて作業効率が悪くなってしまうため、最大でも270cm程度にするのがよいでしょう。



Ⅱ型レイアウト シンク・コンロ・冷蔵庫を一列に並べた、キッチンレイアウトの基本型

コンパクトなスペースで、作業面積・収納を多くとれる2列並行のレイアウトです。
I型よりも作業中に動く範囲が狭いため効率よく作業できる反面、振り返り動作が増えます。
シンクと加熱機器を別々に配置するケースが多いです。



L型レイアウト シンク・コンロ・冷蔵庫を一列に並べた、キッチンレイアウトの基本型

I型キッチンの次に一般的な、シンク、加熱機器、調理スペースがL字に並んだレイアウトです。
動線が三角になるため、シンクと加熱機器の間の動線が短く、かつI型よりも作業場所を広くとることができます。ただし、設置にはI型よりも広いスペースが必要になります。



アイランド型レイアウト シンク・コンロ・冷蔵庫を一列に並べた、キッチンレイアウトの基本型

中央にキッチンセットの島をつくったレイアウトです。
両側に通路が必要になるため、部屋全体のサイズが重要になります。
また、キッチンの上にあるものがダイニングから見えるため、こまめに片付けなければ来客の際など目立ってしまいます。