HOMEリフォームのポイント > バスリフォーム
バスリフォーム

バスリフォームのポイント



一日を締めくくる場でもあるバスルーム。
お子様とのコミュニケーションの場であったり、半身浴でエステもできる美容の場でもありますよね。
バスルームは、体を清潔に保つだけの場所でなく、様々な付加価値を求められる空間になりました。
この付加価値をおおまかに分類すると、

ストレスを癒す空間
家族のコミュニケーション空間
誰でも使いやすい空間

の3つが挙げられます。
これらをふまえてプラン・商品を選んでいただくと、ご自宅に必要なバスルームの形が見えてきます。


バスルームの形態 システム(ユニット)バスと在来浴室の2種類の形態の特徴について
システム(ユニット)バス
FRP(繊維強化プラスチック)などのパネルを組み立てて設置する、現在主流のタイプ。
一昔前に比べて機能・デザインとも大幅に進化しており、名称もユニットバスからシステムバスへと変わってきています。
メーカーによっては、戸建住宅用のものをシステムバス、集合住宅用のものをユニットバスといった風に呼び分けるようです。
システムバスの利点として、

・防水性が高い
・清掃がしやすい
・工期が短い

といったことが挙げられます。
リフォームにおいては新築の場合と違い、その場所で生活しながらの工事のため、工期が短いのは重要なポイントですね。


在来浴室
壁・床をタイル貼りなどで仕上げ、浴槽を設置するタイプ。
在来浴室は完成品を設置するタイプのシステムバスとは違い、大きさや仕様などを細かく選ぶことが可能で、高い自由度が魅力です。
このため、個性的なバスルームを実現するために在来浴室を選ばれる方もいらっしゃいます。




システム(ユニット)バスのサイズ 間取りやライフスタイルに合わせて、どのサイズが適しているかを選びましょう。
サイズによって浴槽の大きさはもちろんですが、広さの違いがでるのは洗い場です。
お子さんや介助が必要な方と一緒に入浴することが多いのであれば、洗い場の広いタイプがよいでしょう。
間取りやライフスタイルに合わせて、どのサイズが適しているかを選びましょう。

浴室の寸法の単位は、すべてmmで表記しています。
下記のサイズは目安であり、実際のサイズはメーカーごとに異なる可能性があります。
詳しくはショールームやお問い合わせフォーム等から、お気軽にご相談ください。
1216サイズ(0.75坪タイプ)

1616サイズ(1坪タイプ)

1620サイズ(1.25坪タイプ)


家族で楽しむお風呂 家族と楽しく入浴したいなら、浴槽の形状も考えてみませんか。
家族とのコミュニケーションを重視するライフスタイルなら、浴槽の形状も考えてみませんか。
親子で並んで座ることもでき、半身浴・足浴用としても使えるベンチ付大型ワイド浴槽が用意されているシリーズもあります。

バスルームのリフォームで、親子のコミュニケーションを広げてみませんか。
このページでは、バスルームでのコミュニケーションを想定した広さのあるシステムバスをご紹介します。
大型の浴槽で入浴を楽しむ「スーパーワイド浴槽」
思い切り手足が伸ばせる広々とした浴槽。お子様2人と親子で並んで座ることもでき、入浴シーンでの親子のコミュニケーションが深まります。
スーパーワイド浴槽ほど広さは要らない方には複数人での入浴のほか半身浴・足浴用としても使える腰掛がついた「ワイド浴槽」も同シリーズにあります。


バスルームをより広く、使いやすく
「子供達と楽しく入浴したい。」
「でも、今のスペースではちょっと狭い。かといって増築することも難しい…。」
そんなお悩みを抱えた方へ、敷地面積を広げずに浴室空間を広くできる商品があります。
ノーリツのリフォーム向けシステムバス、グラシオシリーズです。
専用の出窓を外壁に設置することで、増築しないで壁面の厚み10cm+出窓の出幅30cm分、合計40cm浴室を広げる事ができるため、例えば0.75坪のバスルームであれば、1坪の空間へ変身します。
1400mmのワイドバスを標準装備しているので、1人での入浴時はもちろん親子で並んでの入浴など、お風呂の楽しみ方が広がります。