HOMEリフォームのポイント > 洗面リフォーム
洗面リフォーム

洗面リフォームのポイント



洗面所は、トイレと同様に家族全員が毎日使用する重要な場所です。
にも関わらず、なぜかリフォームのプランを立てる時は後回しにされがちです。

バスルームの隣に配置されている事が多く、脱衣所としてはもちろん、洗濯機を置く場所として利用されることも少なくありません。
収納はどのくらい必要か。バスルームやキッチン・リビングなど他の部屋との行き来はしやすいかなど、さまざまな角度から考えてみましょう。


洗面化粧台の収納 収納スペースの確保には、洗面化粧台のタイプを知ることが重要です。
洗面所は、歯ブラシや歯磨き粉、ドライヤー、ヘアブラシ、ひげ剃り、化粧品、コンタクト用品など、たくさんの小物類であふれています。
脱衣スペースも兼ねているならば、着替え、タオル類を置くスペースも必要になります。
また、洗濯機を置くならば、各種の洗剤も置くことになります。

まずは、何をどのくらい収納するのかを考えて、収納スペースの確保をしましょう。
洗面化粧台のタイプによっても収納力が変わりますので、商品選びは慎重に。
ここでは、洗面化粧台にどのような収納があるかを紹介します。
引き出し収納
システムキッチンと同様、洗面化粧台の収納も引き出し式が増えてきました。
従来のものに比べ、化粧台下の高さを有効活用することで収納力がアップし、奥のものまで取り出しやすくなっています。

すき間収納
洗面化粧台と壁面にすき間があるのなら、収納キャビネットを設置してスペースを有効活用してみてはいかがでしょうか。
統一感のあるものを選ぶことで、見た目も美しくなります。

ステップ収納
収納の下段がフタつきの引き出しになっているタイプなら、高い場所の吊戸にも楽に手が届き、より多くの収納ができます。 また、小さなお子様でも安心して洗面化粧台を使用できます。

体重計収納
意外に使わない時の収納場所に困るのが体重計です。
この体重計を収納するために専用のスペースを設けてある商品もあります。



スタンダードタイプ 収納・洗いやすさ・お手入れのしやすさなど、基本性能が充実したスタンダードなタイプ
スッキリしたデザインに加え、収納・洗いやすさ・お手入れのしやすさなど基本性能が充実したスタンダードなタイプの洗面化粧台をご紹介します。



ダブルボウル 一つの洗面台に二つの洗面ボウルがある、二人同時使用可能な大家族向きのタイプ
大家族で朝の洗面所が混み合ってしまうご家庭なら、ボウルがふたつあった方が便利かもしれません。
以下に紹介するのは、ダブルボウル(ツインボウル)が利用可能な洗面化粧台です。



コンパクトタイプ コンパクトなスペースへ設置が可能で、セカンド洗面所としても利用できるタイプ
通常のタイプが設置できない狭いスペースや、2階、寝室に設置してセカンド洗面所として使用する場合にオススメです。



カウンタータイプ 間口にピッタリ設置でき、スタイリッシュな印象を与えるタイプ
カウンタータイプは、間口にピッタリ設置できスタイリッシュな印象を与えます。
ただし、収納力の面ではスタンダードなものに劣るため、どの程度の物を置くか確認が必要です。